いなほ幼稚園ホームページ:幼稚園ご案内

いなほ幼稚園の由来

昭和47年学校法人 山崎学園 いなほ幼稚園の設立が認可され、今年で満34年が経過しました。「いなほ」は創設の頃、周囲がほとんど田んぼであり、稲穂に囲まれた幼稚園の意味の園名です。稲穂は日本人にとって生命の源であり、日本の自然、文化、経済、政治の総ては稲穂に根ざしているとも考えられます。豊かな稔りを見せる稲穂には成長の充実感と、力を内に秘めながらも静かに首を垂れている飾り気の無い美しさが感じられます。小さな一粒の種の中に、厳しい試練に耐えて育っていく逞しさが養われ、古代から数知れぬ人の命を支えてきた大きな力が蓄えられ、常に己に忠実で自分を見つめ続ける謙虚さを持つ等、子育ての中で忘れてはならない多くのことを考えさせられます。
 創立より40年、この間のご家庭の皆様、地域の皆様方の大変なご支援、ご協力を頂き、深く感謝申し上げます。 (園長 山崎 和男)

園の沿革

昭和47年3月
学校法人 山崎学園いなほ幼稚園の設立認可
昭和47年4月
いなほ幼稚園開園
昭和48年3月
園舎増築・園庭整備工事竣工
昭和56年4月
工作室開設
昭和61年7月
大型プール完成
昭和63年3月
前理事長 山崎正三郎 春の叙勲・受章に浴す
平成7年12月
お茶室・図書室完成
平成12年4月
園庭増設
平成23年4月
40年目に入ります
平成23年5月
キッズガーデン開設

位置・環境

市川市北西部の住宅街に位置し、周囲には須和田公園、じゅん菜池公園、市営グランドなどがあります。また近くには由緒ある国分寺、尼寺跡もあり、豊かな自然に恵まれた環境にあります。

教育方針

国の定めた学校教育法、幼稚園教育要領などに基づき、園の立地条件、家庭環境、園児の実態などを踏まえながら、豊かな人間性を持ち創造的な表現のできる子ども、心身ともにたくましく健康的であり、自発的に活動に取り組める子どもを楽しく温かい友だち集団の中で育てます。さらに、子どもたちの個性を大切にし、ひとりひとりの子どもの持つ可能性をのばすために、できるだけよい環境と条件を整えて行うよう努力します。

教育目標

●心身ともに健康で明るくたくましい子ども
●自主的にものごとに取り組む意欲ある子ども
●仲よく協力し合える子ども
●人や生き物を愛し、物を大切にする温かい心を持つ子ども
●創造的で個性豊かな子ども